買取業者が事故車で儲かるのは何故?一般の中古車販売店との違いを比較

更新日:

事故車と聞くと廃車をイメージしてしまう事がありませんか?

どうしてもバラバラになっていたりつぶれている状態を想像してしまいがちです。

そんな事故車を扱って生業としている専門の買取業者が存在しているのも事実で、企業として成り立っています。

一体どうやって儲けているのか、一般の中古車業者と比較してその仕組みを見ていきましょう。

一般の中古車業者の場合

アクセル君
これは僕たちが良く知ってる販売店ですね。
私も時々のぞくことがあるんだ。
スロットルおじさん
アクセル君
そうなんですか?意外です。
いろんな車を見るのは楽しいからね。
スロットルおじさん

仕入れ方法

通常の中古車業者の場合の仕入れ方法は、店頭や出張による買取とオートオークション(中古車オークションとも呼ばれています)の2通りが主になります。

買取の際には車の年式や走行距離、状態、修復歴の有無などがしっかりとチェックされます。

そのうえで査定がおこなわれ、価格が決定します。

それに対してオークションでは車のエンジンをかけたり走らせてのチェックができません。

従って検査員によってチェックされた出品票をもとに判断することになります。

ですが、現実にはオークション会場に出向かずに、代行業者に依頼して落札している業者が多くあります。

オークションにおいてはチェックできる内容が限られてしまうので、落札の判断が難しくなる傾向があります。

実際に参加するためには古物商の資格を持っているだけでは無理で、販売店としての実績や保証人などの条件をクリアしなければなりません。

ですので売買の経験も必要で、なおかつ正しい判断と品定めができる目を持っていなければいけない事になります。

販売方法

こうして仕入れた車を販売する場合、通常は店舗でおこなわれます。

商売ですから利益(儲け)を出さないといけませんので、いくらかの金額を上乗せしています。

その金額には人件費や車の整備代、そして利益などが上乗せされます。

その金額は販売店次第ですが10万円~数十万円、高級車になると100万円以上になることがあります。

そう聞くとずいぶんと儲けているイメージがありますが、店舗によってもその差は大きく異なることがあります。

また、店舗販売せずに再びオークションで売ってしまうことがあります。

これは店頭販売ではなく、主に店舗を構えていない販売業者がおこなう方法とも言えます。

「オークション流し」とか「オークション回し」と呼ばれている方法で、オークションで仕入れた金額に上乗せして別のオークションに出品して利益をあげる方法です。

簡単にいうと転売になります。

この方法であれば参入のハードルは低く、オークションへの参加は資格を持った業者に代行してもらえば可能になります。

実際のところ代行業者に依頼して車の売買をおこない利益を上げている人もいます。

この場合は古物商の許可を取得するだけで、提出書類は多いですが申請そのものはさほど難しくはありません。

ただし、代行業者の選択が課題となるでしょう。

事故車買取業者の場合

スロットルおじさん
さすがにこちらはめったに会わないね。
今度、僕もお世話になるかもしれないです。
アクセル君
スロットルおじさん
そうか、今どうしようか考えてるところだったね。
まだ決めかねているんですけど…。
アクセル君

仕入れ方法

事故車といってもすでに修理済みの車もあれば、まだ修理されていない車もあります。

修理済みの車は修復歴の有無を表示して売買が可能です。

ところが修理前の車は一般の販売店やディーラーではなかなか引き取ってくれません。

特に全損に近い状態では処分だけでも費用が発生したりします。

おすすめの事故車買取業者をランキング!絶対にお得な見積り査定にもありますが、こんな時に事故車専門の買取業者がこれらの車を買取ってくれるのです。

事故車は自走ができない事が多いので、査定のために車を持ち込む事が困難です。

そこで仕入れの方法として出張買取がおこなわれています。

大手になると日本全国で対応が可能となっており、スムーズな買取がなされます。

基本的には状態を問わず、全損状態の車でもOKの場合が多いです。

販売方法

こうして仕入れた車をどうやって販売するかですが、大きく分けて3つのパターンがあります。

  1. 修理・再生して販売
  2. 中古部品として販売
  3. 鉄などの資源として販売

修理された車は状況によって修復再生して使用されます。

修理前であったりすると、海外に輸出された後に修理がおこなわれ再び公道を走っています。

程度にもよるでしょうが国内でも修理されたあと修復歴車として販売されたり、オークションにも出品されることがあります。

修復歴車については事故車とはどんな車の事なの?修復歴車の定義をわかりやすく解説も参考にしてください。

使える部品についても日本だけではなく、世界中の国々に輸出されています。

海外に渡った事故車の部品は中古パーツとして再利用されています。

新品と比較するとずいぶん安くなっているのがわかりますが、これが中古部品の最大の魅力でしょう。

部品価格参考(比較一例)
部品 新品 中古
エンジン 400,000円 80,000円
ATミッション 300,000円 60,000円
ライト 40,000円 15,000円
テールランプ 35,000円 5,000円
バンパー 40,000円 10,000円

日本車の部品品質は海外でも高い評価を受けているので需要が多いのです。

使えない部品については資源となり、事故車であっても無駄なく再利用されています。

まとめ

事故車の買取業者が専門で成り立つには理由があります。

本来ならスクラップ程度にしかならないと思われる車でも、実に様々な使われ方をしており価値を生み出しています。

事故車であることを考えれば、さすがに通常の車と同じ買取価格というわけにはいきません。

ですが商品としての価値が見直され、市場として成り立っているのも事実です。

事故車買取業者ランキング

おすすめの事故車買取業者

TAU タウ 

タウの売り文句は「どんな状態の車でも買取り可能!」となっています。

そう、どんな車でもいいんです。

事故車はもちろん水没車やエンジンが掛からない車などでもかまいません。

「こんな状態だけど大丈夫?」と思っても、あきらめるのはまだ早いですよ。

タウの特長

  • 業界最大級の実績がある
  • どんな事故車も高価買取可能
  • 全国どこでも迅速に対応
  • 信頼取引が約束されている
  • 手数料は全て無料の0円
年間で50,000台以上の買取実績があるのもスゴイのですが、買取価格の平均価格がもっとスゴイのです。

その金額はいくらだと思いますか?

なんと平均買取り価格で30万円と高額で、程度や年式によっては100万円以上で買取りが可能となっています。

全国どこでも対応が出来て、出張査定や車両引取など手数料が不要、つまり0円なのです。当然、私たちが支払うお金はありません。

無料査定の依頼はインターネットでも電話(フリーダイヤル)でもOK。どちらも24時間受け付けていますので、都合の良い時間で大丈夫ということですね。

気になる方は一度ご相談されてはいかがでしょうか?

 

ミキセイキ

ミキセイキはパフォーマンスが高い

満足のいくサービスを大切にしながら、日本国内にとどまることなく、世界中と取引をしているのがミキセイキです。

その場限りでなく5年、10年と長いお付き合いをしたいというポリシーのもと、HOT GARAGEという名前でも車の買取りをしています。

ミキセイキの特長

  • 車の買取販売と貿易業で20年以上の実績がある
  • 世界中のバイヤーからオーナーまで直接販売
  • 約20か国、1200社以上のネットワークを持つ
  • 日本全国無料査定、国産車~輸入車までOK
  • 買取りだけでなく中古車販売もできる
さすがに1200社以上の業者と取引があるのは強いです。

日本だけではありませんので、そのネットワークを使えば高価買取につながる確率は上がるのではないでしょうか。

「24時間以内に世界一の買取価格を提示します!」と言うのもミキセイキの自信の表れでしょう。

買取りで人気の車種としてはアルファード、 ヴェルファイア、レクサス、ランドクルーザー、ヴォクシーといった国産車の他に、BMW、ベンツ、アウディ、ポルシェ、レンジローバーなどの輸入車があります。

輸入車でも買取りしてくれるのは世界に販売ルートが確立されている証と言えます。

さらに面倒な手続きが不要な上、スピード入金してくれるのもプラスポイントですね。

  無料査定サービス【ミキセイキ】 査定申し込みはこちら
 

カーネクスト

カーネクストの最大の特長は何といっても買取保証が付くことです。

どんな車でも0円以上という内容になっていますので、古~いオンボロ車でもOKと考えて大丈夫でしょう。

事故で破損してしまったり、不動車となってずっと置きっ放しの車も引き取ってもらうことができます。

カーネクストの特長

  • どんな車でも0円以上の買取保証が付く
  • 申し込みからレッカー代、諸費用すべて無料
  • 専門スタッフが年中無休の365日サポート
  • 独自の販売網で100%近いリサイクル率
  • 日本全国どこでも対応が可能
買取りをお願いしようと査定を依頼したのに、逆に費用を請求されたという話を聞いたことがありませんか?

実はこんな話が現実にあるんです。

ですがカーネクストなら、そんな心配はいりません。

処分費用や代行料金といったものすべてを無料で対応してくれるのです。さらに見積りから減額されることもないのが大きなポイントです。

これは独自のノウハウがあるからこそ可能になったシステムと言えます。

また、海外への引っ越しの際や相続といった場合にも対応が可能なので、困っていたら相談してみるのが良いでしょう。

 

カービュー

カービュー事故車
カービューなら複数の業者で見積もりが可能なので、簡単に査定額の比較ができます。

そうすることで買取金額のアップが期待できますし、何社も問い合わせるといったわずらわしさからも解放されます。

それに査定の依頼方法も3ステップでとっても簡単なので誰でもでき、わずか1分で完了するんです。

カービューの特長

  • 400万人以上の利用実績があるから安心
  • もちろん動かない状態の事故車でもOK
  • 国内、海外ともに販売ルートが確立されている
  • 加盟店は200社以上で全国対応が可能
  • 条件があえば最大8社まで査定ができる
事故車は通常の買取と違ってお金にするのが簡単ではありません。

そんな時に手間をかけずに査定の依頼ができて、比較もおこなえるのは利用者にとっては大きなプラスになります。

対応が可能な業者を紹介してくれるので本当に手間いらずで楽ちんです。

その中でもっとも高額の査定をしてくれた業者に売却すれば完了なので、あなたのやることは「査定依頼して選ぶだけ」たったこれだけのことなんです。

自動車情報サイトである「carview!」も運営しており、査定や買取の情報も豊富なので安心できます。

 

-売買と保険

Copyright© おすすめの事故車買取業者をランキング!絶対お得な見積り査定 , 2020 All Rights Reserved.